Javascriptに対応した環境でのみ閲覧が可能です。 ヴェノム・スネーク - 人物事典 - メタルギアコンベンション
V has come to.
V has come to.
V has come to.
V has come to.
トップページ
Top Page
攻略情報▼
Hints and Chips
時系列/年表▼
Chronicle
人物事典
Characters
用語事典
Words
アイコン素材
Icons

ェノム・スネーク

最終更新日:2020-07-04
ヴェノム・スネーク ヴェノム・スネーク2 切り替えボタン
1984(MGSV:TPP)

ヴェノム・スネーク(Venom Snake)は、メタルギアの正史シリーズに登場する人物で、 軍事組織『ダイアモンド・ドッグズ』及び『アウターヘブン』を指揮した兵士。 非常に優れた戦闘能力とカリスマ性を有する。 後に20世紀最強の兵士、神話的存在として語り継がれることになる”ビッグボス”の名を冠した。

実は彼は、かつて1960年代にCIAのエージェントとして『スネークイーター作戦』を完遂し 米政府からビッグボスの称号を与えられた人物とは別人である。 ヴェノム・スネークは、1980年代から1990年代にかけて暗躍した”もう一人のビッグボス”、いわば影武者のような存在であった。 後の歴史においては2人の人物による戦果が、ビッグボスという一人の戦士の伝説として認知されている。 その正体を知る者は”ビッグボスのファントム”と呼称し、 また本物のビッグボスは彼と対面した際に 自らを”イシュメール”と名乗り、彼を”エイハブ”と呼んだ。

日本語版の声優は大塚明夫が務める。


ロフィール

名前 ヴェノム・スネーク(Venom Snake)
別名
  1. パニッシュド ”ヴェノム” スネーク(Punished "Venom" Snake)
  2. ビッグボス(BIGBOSS)
  3. ビッグボスのファントム(Big Boss's phantom)
  4. エイハブ(Ahab)
  5. V
性別 男性
生年 1932年[]
出身地 アメリカ合衆国 カリフォルニア州[]
所属組織
  1. 国境なき軍隊(MSF)
  2. ダイアモンド・ドッグズ
  3. アウターヘブン
主な登場作品
  1. METAL GEAR
  2. METAL GEAR SOLID V GROUND ZEROES
  3. METAL GEAR SOLID V THE PHANTOM PAIN
声優 大塚明夫
声優(英語版) キーファー・サザーランド(Kiefer Sutherland)
フェイシャルキャプチャ キーファー・サザーランド(Kiefer Sutherland)
モーションキャプチャ
  1. エリック・ブラウン(Erik Brown)
  2. ルビー・マッカラム(Ruby McCollum/MGSV:TPP序章のみ)
スポンサーリンク

注意:この頁は最新化作業が完了していません(2020-07-04 現在)。 不足している情報について、今後更新予定です。 ここより以下の内容は2019年までに更新したもので、暫定的に掲載しています (『参考・脚注』の項目は除く)。 出典が明らかでない情報が含まれている場合がありますので、了承の上でご覧ください。

1984年に9年の昏睡状態から復活を遂げた20世紀史上最強の兵士ビッグボスは 再び様々な民間の軍隊を組織し、戦争のコントロールにより『サイファー』の情報統制と戦った。 しかし実は、1984年以降のビッグボスの歴史の裏では もう一人のビッグボス、つまりは影武者(ファントム)が暗躍していた。

その正体はかつて1970年代にビッグボスが率いていた『国境なき軍隊(MSF)』において ビッグボスから部隊で最も優秀な兵士と称されていた男。 医者という顔も持っていたため、部隊では衛生兵(メディック)としても活躍していた。 彼は1975年のMSF壊滅の際にビッグボスとともに同乗したヘリが墜落して昏睡状態に陥り、 ビッグボスの身を守る目的でゼロオセロットによって ビッグボスの記憶を埋め込まれ影武者として生まれ変わった。 容姿についても、昏睡から復活した後、医者により整形手術を受けビッグボスに瓜二つの顔つきになった。

1975年のミッションでは同乗したヘリが爆発に襲われた際に身を挺してビッグボスを庇うなど、 ビッグボスへの忠誠心の強さが伺える。 事実、後に自分の記憶を取り戻し影武者としての境遇を知った後も、生涯ビッグボスに従い続けた。

彼は1984年に昏睡から復活した際に強い怒りを湛えていた。 それは記憶の刷り込みによるだけでなく、彼自身大切に想っていた仲間たちを葬られたことが理由である。 やがて彼はと共に 部隊壊滅の元凶スカルフェイスに復讐を果たす ”ヴェノム・スネーク(毒蛇)”となったのであった。 ヘリの墜落の際に左腕を失っており、復活後は真っ赤な義手(バイオニックアーム)を装備している。 また、頭には黒い金属のような破片が突き刺さっており、まるでツノが生えているようなその風貌は鬼を連想させる。

1932
  1. 生誕
197X
  1. ビッグボス率いる『国境なき軍隊(MSF)』に参加
    1. カズヒラ・ミラーと出会う
1974MGSPW
  1. CIAのピースウォーカー計画に纏わる抗争でビッグボスの部下として活躍
  2. サイファーのスパイパシフィカ・オーシャンパス)と出会う
  1. ビッグボスの任務に同行
    1. ヘリの墜落の中でビッグボスを庇い、左腕を失う
    2. 爆発で死亡したパスの歯や骨が体内に埋め込まれる
  2. 昏睡状態に陥る
  3. ゼロオセロットによってキプロスの病院へ運ばれる
    1. 以後、オセロットの暗示でビッグボスの記憶を埋め込まれ、ファントムとなる
  1. 復讐心を湛えた”ヴェノム・スネーク”として昏睡状態から覚醒する
  2. ダイアモンド・ドッグズ』を指揮し、ミラーと共にスカルフェイスの野望を挫く
  3. クワイエットと出会う
  4. イーライ(後のリキッド・スネーク)と出会う
  5. パスの幻を見る
19XX
  1. 自身の記憶を取り戻すが、その後もビッグボスへの支援を続ける
1995MG1
  1. アウターヘブン蜂起
  2. ビッグボスが南アフリカに建設した武装要塞国家『アウターヘブン』の首領を任される
    1. 要塞にて『メタルギアTX-55』の開発を始める
  3. アウターヘブンへ単身潜入した米国のエージェントソリッド・スネークと対決し、敗れて死亡する

レイヤーの分身として

”ヴェノム・スネーク”として覚醒する前の 彼自身の生まれや経歴についてはある程度ゲーム中で設定が明かされている。 しかし『MGSV:TPP』の主人公であるヴェノム・スネークというキャラクターの本質は メタルギアのストーリーにおいて重要な立場を担う存在でありながら、 同時にゲームをプレイするプレイヤーの分身であるという点にある。

考・脚注

生年と出身地の出典


MGSV:TPP、Episode46『世界を売った男の真実』にて オセロットビッグボスイシュメール)に手渡すパスポートに記載。 ちなみに、誕生日についてはプレイヤーが序章で入力したものが記載されている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
いてる人
しい記事