Javascriptに対応した環境でのみ閲覧が可能です。 ウェアウルフ - 用語事典 - メタルギアコンベンション
V has come to.
V has come to.
V has come to.
V has come to.
トップページ
Top Page
攻略情報▼
Hints and Chips
時系列/年表▼
Chronicle
人物事典
Characters
用語事典
Words
アイコン素材
Icons

ェアウルフ

最終更新日:2020-07-07

ウェアウルフ(WEREWOLF)は、メタルギアの正史シリーズに登場する民間軍事請負企業(PMC)。 本社の所在地はアメリカ合衆国、ネバダ州[]。 ”リキッド・オセロット”の統括するマザーカンパニー『アウターヘブン』の傘下にあり、 2010年代前半に”世界最大手5社”とされたPMCの一つ。 戦場管理システム『サンズ・オブ・ザ・パトリオット(SOP)』を採用している。 その社名は『人狼(じんろう)』を意味する[]

登場作品は『METAL GEAR SOLID 4 GUNS OF THE PATRIOTS(2008年発売/以下、MGS4)』。 同作における2014年当時、その9年前に『シャドーモセス島事件』の舞台となった アラスカの孤島『シャドーモセス島』に存在する核兵器廃棄所 (実際にはアームズ・テックによるメタルギアREX開発基地として機能していた施設)の警備を担当している。 だが現地には人員が派遣されておらず、無人機のみによる警備が行われている。 MGS4のACT4『Twin Suns(双子の太陽)』にて プレイヤー(=オールド・スネーク)はシャドーモセス島を訪れることとなり、 同社の管理するアーヴィング(月光)トライポッド(仔月光)と対峙する。 すでにシャドーモセス島の施設は米政府にとって”存在しないもの”として扱われているような施設であるが、 ウェアウルフ社が現地を警備している政治的な理由については不明。 単にリキッドスネークらの行く手を阻むため 同社の兵力を私的に利用している可能性もある。

MGS4のオープニングでは同社の宣伝映像(CM)を観ることができる。 そこで語られているキャッチコピーは『Evolution reinvented.(蘇る 進化)』。

考・脚注

所在地について


MGS4のACT1のブリーフィングで5大PMCの所在地が点で示された 世界地図が表示されるが、それを見るとウェアウルフの所在地がネバダ州であることが分かる。

社名の意味の出典


PS3ソフト『METAL GEAR SOLID 4 DATABASE(2020年現在 配信終了)』に記載。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
いてる人
しい記事