Javascriptに対応した環境でのみ閲覧が可能です。 スコット・ドルフ - 人物事典 - メタルギアコンベンション
V has come to.
V has come to.
V has come to.
V has come to.
トップページ
Top Page
攻略情報▼
Hints and Chips
時系列/年表▼
Chronicle
人物事典
Characters
用語事典
Words
アイコン素材
Icons

コット・ドルフ

最終更新日:2019-11-06
スコット・ドルフ
2007(MGS2)

スコット・ドルフ(Scott Dolph)は、メタルギアの正史シリーズに登場する人物で、 アメリカ海兵隊の総司令官(CMC)を務めた軍人。 海兵隊が独自に新兵器『メタルギアRAY(レイ)』を開発すると そのプロトタイプの演習を行うため、海兵隊員とともにタンカーによる偽装運搬を担当する。 しかしその際、後に『タンカー沈没事件』と呼ばれる事件に巻き込まれ、 命を落とすことになる。

彼の死後に米海軍の特殊部隊『デッドセル』のリーダーを務めた 女性兵士”フォーチュン”は、彼の実の娘である。

日本語版の声優は郷里大輔が務める。


ロフィール

名前 スコット・ドルフ(Scott Dolph)
性別 男性
所属組織 米海兵隊
主な登場作品 METAL GEAR SOLID 2 SONS OF LIBERTY
声優 郷里大輔
声優(英語版) ケビン・マイケル・リチャードソン(Kevin Michael Richardson)
モーションキャプチャ 不明[]
スポンサーリンク

中での活躍

物語の序章である『タンカー編』にて、アメリカ海兵隊の総司令官(CMC)として登場。 舞台は2007年。 2年前に発生した『シャドーモセス島事件』を皮切りに 世界中に核搭載二足歩行兵器『メタルギア』の技術情報が拡散、その亜種が多く開発されていることを受けて、 米海兵隊はその技術を流用しつつ”対メタルギア兵器”として 新兵器『メタルギアRAY(レイ)』を開発。 同兵器は水陸両用であり、スコット・ドルフ率いる海兵隊員たちは完成したプロトタイプの潜航演習を実施するため それを”偽装タンカー”により輸送、タンカーはハドソン川を下流へと進んでいた。 タンカーの航行中、司令官であるドルフは、 メタルギアRAYが鎮座するタンカーの船首部にて部下たちに演説を行っていた。 演説では、同兵器の戦略的価値や性能について説く。 また、前作『METAL GEAR SOLID』でも語られた 第三国に核兵器製造に必要な技術者や資源が流出している問題について、 そこにメタルギアが加わることでより深刻化していることなどについても触れている。

やがて演説は終了するが、それを見計らったように、 リボルバー・オセロットセルゲイ・ゴルルコビッチの率いる武装集団が姿を現し会場を占拠、 彼らはメタルギアRAYの強奪を宣言する。 さらに状況は転がり、オセロットゴルルコビッチを裏切って彼を射殺。 その際、ゴルルコビッチが人質に取っていたスコット・ドルフもともにオセロットによる銃弾に貫かれ、死亡する。 やがてRAYオセロットにより強奪され、 彼が仕掛けたC4爆弾によりタンカーは沈没する。 この事件は後に『マンハッタン沖タンカー沈没事件』と呼ばれる。

プレイヤーキャラクターであるソリッド・スネークは、 世界中のメタルギアへの諜報・破壊活動を行う NGO団体『フィランソロピー』のエージェントとして同タンカーに単身潜入しており、 その顛末を見届けることになる。 ちなみに、プレイヤーはドルフが演説を行っている最中にメタルギアRAY開発の証拠として写真を撮影するのだが、 彼の演説が終わるまでをタイムリミットとしてミッションをこなさなければならない。

ちなみに、オセロットが『愛国者達』と発言したことに対して 『「らりるれろ」だと!?』と反応しており、ドルフは愛国者達の存在について認知しているようであった。 彼が行った演説の中においても、メタルギアRAY計画に反発する勢力や 己の利権のために米国の国策を操る存在として愛国者達が暗躍していることを示唆している[]

家族

彼は『ビッグシェル占拠事件』におけるテロリスト集団『サンズ・オブ・リバティ』の一員であり 特殊部隊『デッドセル』のリーダーである”フォーチュン(本名:ヘレナ・ドルフ・ジャクソン)”の父親である (MGS2のプラント編におけるイロコィ・プリスキン(=ソリッド・スネーク)との無線より)。 そのため、フォーチュンの元夫でデッドセルの初代リーダーであった ジャクソン大佐は彼の義理の息子にあたる。

愛人

特殊部隊『デッドセル』の一員である兵士”ヴァンプ”が彼の愛人であった噂がある (MGS2のプラント編におけるイロコィ・プリスキン(=ソリッド・スネーク)との無線より)。 ドルフは妻子持ちであることから、男性であるヴァンプと関係を持っていたことを考えると 彼は”バイセクシャル”であると思われる。

演説好き

彼は人前での演説が好きなようである[]MGS2のタンカー編における演説シーンでは、 演説が終わったかと思われた時に、『興が乗ってきた』として演説を延長する演出がある。

考・脚注

MGS2のモーションアクター


MGS2のデモシーンではモーションキャプチャ手法が用いられているが、 同作のエンドクレジットではモーションキャプチャを務めたアクターの名前とキャラクターの対応が明記されていないため 彼のアクターは不明である。

演説と『愛国者達』


MGS2の彼の演説において、 劇中では明言されないが、新紀元社より出版されている同作の『シナリオ・ブック』において 彼の話に登場する”あの勢力”などといった抽象的な表現が 愛国者達のことを指していることが明記されている。

演説好きについて


PS3ソフト『METAL GEAR SOLID 4 DATABASE(2019年現在 配信終了)』にて 『演説が好き』と明記されている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
いてる人
しい記事