Javascriptに対応した環境でのみ閲覧が可能です。 タンカー沈没事件 - 用語事典 - メタルギアコンベンション
V has come to.
V has come to.
V has come to.
V has come to.
トップページ
Top Page
攻略情報▼
Hints and Chips
時系列/年表▼
Chronicle
人物事典
Characters
用語事典
Words
アイコン素材
Icons

ンカー沈没事件

最終更新日:2012-09-16
登場作品:MGS2

2007年に、ハドソン湾を航行していた輸送タンカーがマンハッタン沖にて海底へ沈没した事件。 この事件によりタンカーに積まれていた原油が大量に海に流出し、 海上除染施設「ビッグシェル」が建設される原因になった。

2005年のシャドーモセス島事件以降、 伝説の英雄ソリッド・スネークと 相棒のオタコンは 反メタルギア財団「フィランソロピー」を設立し、 世界中のメタルギアを破壊して回っていた。 そんな中で2007年、スネークオタコンは 海軍の手によって新型メタルギアが開発され、極秘裏に輸送されるという情報を掴んだ。 そしてスネークは、ハドソン湾を航行中のタンカーに単身潜入するのであった。

しかし、まるでスネークの潜入を待っていたかのように、 タンカーはセルゲイ・ゴルルコビッチ率いるロシアの私兵部隊によって占拠される。 さらにそのメンバーには、かつてシャドーモセス島事件スネークと戦った リボルバー・オセロットも参加していたのだった。

スネークはテロリストたちの警備をかいくぐり、タンカーの船倉に格納されている新型メタルギア、 「メタルギアRAY」のもとへたどり着く。 しかしそこでオセロットがその本性を現した。 彼はタンカーの責任者である海兵隊司令官スコット・ドルフを殺害し、 その後ロシア私兵部隊のリーダーセルゲイ・ゴルルコビッチを裏切り、彼をも殺害した。 そしてオセロットメタルギアRAYを強奪し、そしてタンカーを沈没させて姿を消した。 その際、スネークもその沈没に巻き込まれ、消息を断ってしまう。

実は今回の事件は、ある巨大な闇の組織の陰謀によって引き起こされたもので、 オセロットはその手先であったのだ。 ソリッド・スネークに至っても、彼らの用意した情報によってタンカーへ導かれていたのだった。 この事件によりスネークオタコンはタンカーを沈没させた犯人に仕立て上げられ、 世界的な指名手配犯となってしまう。

この事件はその巨大な陰謀の幕開けに過ぎなかった。 その真相は次のステップである「ビッグシェル占拠事件」で明らかになる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
いてる人
しい記事