Javascriptに対応した環境でのみ閲覧が可能です。 フォーチュン - メタルギア人物事典 - メタルギアコンベンション
V has come to.
V has come to.
V has come to.
V has come to.
トップページ
Top Page
攻略情報▼
Hints and Chips
ストーリー年表
Chronicle
人物事典
Characters
用語事典
Words
アイコン素材
Icons

ォーチュン

最終更新日:2017-04-09
登場作品:MGS2

アメリカ出身の黒人女性。 米海兵隊司令官を務めたスコット・ドルフの娘。 夫は米国の対テロ特殊部隊”デッドセル”の初代リーダーで当時米軍大佐であったジャクソンという人物。 フォーチュン自身はもともと民間人であったが、 やがて不運により父親と夫を失うことになり、彼らの後を追うように彼女も軍人となる。 戦闘の際には個人携行サイズのレールガンを使用する。 謎の力により、彼女に放たれた銃弾はすべてそれて行き、爆発物も彼女の周囲では不発となる。 親しい人間が死に行く中で無傷であり続けたフォーチュンはやがて”幸運の女神”と呼ばれるようになるが、 自身の境遇を彼女自身は呪い続けた。 本名は”ヘレナ・ドルフ・ジャクソン”。

夫の死をきっかけとしフォーチュンはデッドセルの二代目リーダーとなり、 彼に忠誠を誓っていた同部隊のメンバー達とともにアメリカ政府、ひいては国家を影で操る『愛国者達』 との戦いに身を投じる事となる。 しかし、父親の死に端を発する部隊の不幸はすべて愛国者達の策略であり、 フォーチュンに銃弾が当たらないのも彼女の知らない間に身体に仕込まれた電磁波兵器の力による”演出”であった。 死に際、彼女は愛国者達のスパイであるオセロットの攻撃を再び退けるが、 これも彼女のそばにいた兵士雷電を死亡させないために 愛国者達が再び電磁波兵器を起動したためである。

■2007

■200X

■2008

■2009

スポンサーリンク
スポンサーリンク
いてる人
しい記事