Javascriptに対応した環境でのみ閲覧が可能です。 メタルギアソリッド2 バンドデシネ - 作品紹介 - メタルギアコンベンション
アイコン素材
icon
アイコン素材
icon
トップページ
Top Page
作品一覧
Line Up
分類・繋がり
Sequence
時系列・年表
Chronicle
人物事典
Characters
用語事典
Words
攻略情報
Guide

METAL GEAR SOLID 2
BANDE DESSINÉE

最終更新日:2021-03-11

メタルギアソリッド2 バンドデシネMETAL GEAR SOLID 2 BANDE DESSINÉE)は、2008年にコナミから発売された映像DVDソフト。 『メタルギアソリッド(1998年発売/以下、MGS1)』、 『メタルギアソリッド2 サンズ・オブ・リバティ(2001年発売/以下、MGS2)』を 原作としたデジタルコミック調の映像作品が2作品収録されている。 いずれも、”アシュレイ・ウッド(Ashley Wood)”氏が原画を担当し 海外向けに発売されたコミカライズ作品(MGS1版MGS2版)をベースとしており、 同氏によるアートワークをデジタルアニメーション化したような作風となっている。 商品名は『2』となっているが、商品ロゴには『includes METAL GEAR SOLID 1 BD』の表記が見られる。 全編フルボイス(キャストは原作から一部変更)。


スポンサーリンク

本情報

タイトル メタルギアソリッド2 バンドデシネ(METAL GEAR SOLID 2 BANDE DESSINÉE
開発元
  1. コナミデジタルエンタテインメント
    1. 小島プロダクション
発売元 コナミデジタルエンタテインメント
原作
  1. メタルギアソリッド(PlayStation/1998年発売)
    1. OFFICIAL COMIC BOOK(コミカライズ作品/2004年発売)
    2. バンドデシネ(PlayStation Portable/2006年発売)
  2. メタルギアソリッド2 サンズ・オブ・リバティ(PlayStation 2/2001年発売)
    1. OFFICIAL COMIC BOOK(コミカライズ作品/2006年発売)
脚本
  1. 小島秀夫(ストーリー原案)
  2. クリス・オプリスコ(Kris Oprisko)MGS1: OFFICIAL COMIC BOOK
  3. アレックス・ガーナー(Alex Garner)MGS2: OFFICIAL COMIC BOOK
美術 アシュレイ・ウッド(Ashley Wood)
音楽[]
  1. 秋田真典
  2. 日比野則彦(Gem Impact)
  3. 鈴木克崇(Gem Impact)
  4. 泉谷隆洋(Gem Impact)
  5. 戸島壮太郎
  6. Yasuhisa Ito
  7. Waichiro Ozaki
  8. 村中りか
  9. イーファ・ニ・アーリ(Aoife Ni Fhearraigh)
  10. カーラ・ホワイト(Carla White)
ジャンル 映像作品
メディア
  1. DVD
  2. Blu-ray Discレガシーコレクション
発売日
DVD
  1. 日本2008年6月12日[]
Blu-ray Disc[]
  1. 北米2013年7月9日
  2. 日本2013年7月11日
  3. 欧州2013年9月12日
公式サイト https://www.konami.com/games/jp/ja/products/mgs2_bd/(2021年現在)
前作 メタルギアソリッド4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット(2008年/同時発売)
次作 メタルギアソリッド4 データベース(2008年)
スポンサーリンク

2008年に日本国内でのみ発売された映像DVDソフトで、 『メタルギアソリッド(1998年発売/以下、MGS1)』、 『メタルギアソリッド2 サンズ・オブ・リバティ(2001年発売/以下、MGS2)』の 2作品を原作としたデジタルコミック調の映像作品が収録されている。 いずれも、”アシュレイ・ウッド(Ashley Wood)”氏が原画を担当し 海外向けに発売されたコミカライズ作品(MGS1版MGS2版)がベースとなっている。 本作では同氏によるアートワークがデジタルアニメーション化され、3DCGにイラストを貼り付ける手法などによって立体空間を感じさせる表現が用いられている。 タイトルは以下の通り。

  1. METAL GEAR SOLID BANDE DESSINÉEMGS1の映像作品)
  2. METAL GEAR SOLID 2 BANDE DESSINÉEMGS2の映像作品)

本作の商品名は『2』となっているが、商品ロゴには『includes METAL GEAR SOLID 1 BD』の表記が見られる。

なお、上記のタイトルと同名であるためややこしいが、 本作より先にMGS1コミカライズ作品を デジタル化したPlayStation Portable用ソフト『メタルギアソリッド バンドデシネ(2006年発売/以下、MGS:BD)』が発売されており、 MGS1の映像作品は厳密にはそれがベースとなっている。 それに対しMGS2にはデジタルコミック作品が存在せず、同様の作風で直接映像化されている。 MGS:BDでは音声がなかったが、本作はフルボイスとなっている(原作からキャストは一部変更されている)。 『BANDE DESSINÉE(バンドデシネ)』の意味についてはMGS:BDのページを参照。

MGS1の映像作品について、 MGS:BDでは未収録であった原作のエンディングテーマ『The Best Is Yet to Come』が エンディングに使用されている。 その代わり、MGS:BDのエンディングで使用されていた 原作の”メインテーマ”のアレンジバージョンが聴けなくなっている。 MGS2の映像作品でも、 原作と同じ『Can't Say Good-Bye to Yesterday』がエンディングで使用されている。

ストーリーや登場人物については 『メタルギアソリッド』 および『メタルギアソリッド2 サンズ・オブ・リバティ』のページをそれぞれ参照。

作品との繋がり

収録されている映像作品『METAL GEAR SOLID BANDE DESSINÉE』および『METAL GEAR SOLID 2 BANDE DESSINÉE』について、 それぞれストーリーは『メタルギアソリッド(1998年発売/以下、MGS1)』、 『メタルギアソリッド2 サンズ・オブ・リバティ(2001年発売/以下、MGS2)』を踏襲しているため、 基本的には他作品とのストーリー的な繋がりもMGS1MGS2と同様の扱いとなる。 しかし、ベースとなったコミカライズ作品(MGS1版MGS2版)における ”クリス・オプリスコ(Kris Oprisko)”氏、”アレックス・ガーナー(Alex Garner)”氏の脚本により、 原作と共通するシーンにおいてもシナリオや演出が大きく変更されている。 また、登場人物のセリフに関してはほぼすべてが原作と異なる(そもそもコミカライズ作品の原文が英語で、その翻訳であることも大きい)。 さらに、原作から音声キャストも一部変更されている。 そのため、MGS1MGS2を未プレイの人が その代わりとして本作を鑑賞する場合には注意が必要。

フトバリエーション

日本国内版のソフトのバリエーションを紹介する。

オリジナル版

METAL GEAR SOLID 2 BANDE DESSINÉE
メディア DVD(2枚)
発売日 2008年6月12日[]
価格 2,667円/税込:2,800円(当時税率5%)[]
備考 金属製のディスクケースが紙製スリーブケースに収められている。 2作品がそれぞれ個別のディスクとなっている。

メタルギアソリッド レガシーコレクション

2021年現在、本作の単体版は再発売されていないが、 2013年に発売した『メタルギアソリッド レガシーコレクション』に 本作における映像作品2作が再収録されている。 こちらではメディアがBlu-ray Discに変更され、また2作品が同一ディスクになっている。 なお、あくまでメディアが変更になっているだけで映像そのものはオリジナル版と同じであるため、 特に高解像度化などはされていない。 ただし、再生メニューのロゴなどは高解像度化されている。

METAL GEAR SOLID THE LEGACY COLLECTION
メディア Blu-ray Disc
備考 『DISC 1』に『BANDE DESSINÉE』2作品がまとめて収録されている。 同ディスクには複数のゲーム作品も収録されているが、 映像ソフト部分は通常のBlu-ray Disc対応機器全般で再生可能。

考・脚注

音楽スタッフの名前について


スタッフの名前について、本編のエンドクレジットではアルファベット表記になっている。 一部日本人名の漢字表記が不明のためそのまま記載。

DVD版の発売日の出典


本作の公式サイトより(2021-01-19現在)。

Blu-ray Disc版の発売日の出典


Blu-ray Disc版の発売日は、 同作が収録された『メタルギアソリッド レガシーコレクション』の発売日となる。

日本版は、本商品の公式サイトより(2021-01-17現在)。 北米版は、ゲーム情報サイト『IGN』の作品紹介ページより(2021-01-17現在)。 欧州版は目安として、ショッピングサイト『Amazon』のドイツ(DE)向けサイトの 商品ページを参照(2021-01-17現在)。

価格の出典


ショッピングサイト『HMV&BOOKS online』の 商品ページの『商品説明』欄より(2021-01-19現在)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
いてる人
しい記事