Javascriptに対応した環境でのみ閲覧が可能です。 FOXALIVE(フォックスアライブ) - 用語事典 - メタルギアコンベンション
V has come to.
V has come to.
V has come to.
V has come to.
トップページ
Top Page
攻略情報▼
Hints and Chips
時系列/年表▼
Chronicle
人物事典
Characters
用語事典
Words
アイコン素材
Icons

FOXALIVE(フォックスアライブ)

最終更新日:2012-09-16
登場作品:MGS4

2014年に、オセロットEVA(エヴァ)が 闇の組織「愛国者達」による支配を終焉させ、ビッグボスを救い出す ための計画(ガンズ・オブ・ザ・パトリオット)を実行した際、 ナオミ・ハンターが彼らに協力して 開発を進めた、愛国者達のAIを消滅させるためのワームクラスター。 対AIのFOXDIE。 「FOXALIVE」という名前には、愛国者達によって行われた遺伝子統制、情報統制などといった 「力の徹底管理」に囚われていたFOXたち(兵士たち)を解放するというナオミの意志が込められていた。 これはまさに、世界中の力をあらゆる管理から解き放つことであり、かつて ビッグボスが望んだ世界「アウターヘブン」を 実現するに等しかった。

2014年の事件で、結果としてオールド・スネークオタコンの活躍でFOXALIVEは G.W.を介して、J.D.を含む 愛国者達のAIネットワーク全体を死滅させた (詳しくはガンズ・オブ・ザ・パトリオットを参照)。

実は同事件中、ナオミはFOXALIVEを完成させるだけの時間を得られなかった。 そこで彼女はサニーにその開発を引き継がせることにした。 それはサニーが科学の天才でありながら、その少女ならではの純粋さゆえ、 「科学をうまくコントロールできる」と感じたためであった。 そしてサニーナオミの期待以上の働きをした。 当初FOXALIVEは既に文明そのものと化していた愛国者達のAIを完全に抹殺するためのものであったが、 サニーナオミのプログラムを解析し、 愛国者達による『制御』のみを破壊し、文明における『ライフライン』の部分を生き残らせたのだった。 これにより、愛国者達の支配のみが消え去り、愛国者達が築いた近代文明は守られることになった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
いてる人
しい記事