Javascriptに対応した環境でのみ閲覧が可能です。 ナノマシン - 用語事典 - メタルギアコンベンション
V has come to.
V has come to.
V has come to.
V has come to.
トップページ
Top Page
攻略情報▼
Hints and Chips
時系列/年表▼
Chronicle
人物事典
Characters
用語事典
Words
アイコン素材
Icons

ノマシン

最終更新日:2016-04-21
登場作品:MGSMGS2MGS4

21世紀のはじめに、アメリカのバイオニクス技術開発企業『ATGC』に所属する優秀な女性科学者 ナオミ・ハンターが発明した技術。 ナノレベルの大きさ(1ナノメートルは1ミリメートルの100万分の1)の超小型の機械装置の群れを 人間の血液中に注入して、それらを電気信号によって制御することで 人の手では決して行えない体内環境の監視・制御をリアルタイムに行うことができる技術である。 傷の修復や栄養の供給などを行うこともできる。 人間の身体だけでなく、AI兵器や義手の人工筋肉の制御にも使われた。

このナノマシンの発明は21世紀以降のバイオテクノロジー分野に革命的な変化をもたらした。 特に軍事的な目的でナノマシンは幅広く利用され、様々な軍事技術の基礎となった。 しかし愛国者達によるサイボーグ技術、 SOP技術などといった、 多くの兵士を悲惨な運命へと導いた技術の基礎としてナノマシンは利用されたため、 ナオミは罪の意識に苛まれることになる。 ちなみにナオミが発明した基礎技術をナノマシンの「第一世代」と呼び、 その後他の科学者により技術は発展させられた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
いてる人
しい記事