Javascriptに対応した環境でのみ閲覧が可能です。 ATGC(エー・ティー・ジー・シー) - 用語事典 - メタルギアコンベンション
V has come to.
V has come to.
V has come to.
V has come to.
トップページ
Top Page
攻略情報▼
Hints and Chips
時系列/年表▼
Chronicle
人物事典
Characters
用語事典
Words
アイコン素材
Icons

ATGC(エー・ティー・ジー・シー)

最終更新日:2017-11-04
登場作品:MGSMGS4MGSV

米国に拠点を置く大手バイオ技術開発企業。 設立時期は不明だが1970年代にはすでに存在しており、 20世紀の終わりから21世紀にかけて人間の遺伝子に纏わる技術を飛躍的に進歩させた功績を持つ。 設立当時から研究の中心人物となったのはクラークと呼ばれる非常に優秀な遺伝子学者。 得意先はドナルド・アンダーソンが局長を務める米国防総省の研究開発部門”DARPA(ダーパ)”。 両者は米国の非政府諜報機関サイファーの中心人物であり、 ATGCはゼロが主導となり彼の隠し資産を資本金として設立された企業である可能性が高い。 事実『恐るべき子供達計画』を含むサイファーの遺伝子技術研究はすべてATGC資本により実施されている。 ちなみに、社名の”ATGC”は人間のDNAにおいて遺伝子情報を記す4種類の塩基 『アデニン/Adenine』『チミン/Thymine』『グアニン/Guanine』『シトシン/Cytosine』 の頭文字に由来する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
いてる人
しい記事