Javascriptに対応した環境でのみ閲覧が可能です。 グスタヴァ・ヘフナー - 人物事典 - メタルギアコンベンション
V has come to.
V has come to.
V has come to.
V has come to.
トップページ
Top Page
攻略情報▼
Hints and Chips
時系列/年表▼
Chronicle
人物事典
Characters
用語事典
Words
アイコン素材
Icons

スタヴァ・ヘフナー

最終更新日:2020-05-20
グスタヴァ・ヘフナー
1999(MG2)[]

グスタヴァ・ヘフナー(Gustava Heffner)[]は、メタルギアの正史シリーズに登場する人物で、 チェコ秘密警察(STB)の諜報部員。 元はプロのフィギュアスケート選手で、オリンピックで連続優勝した経歴を持つ。 カルガリーオリンピックに出場した際、当時米国の工作員として現地に潜伏していた”フランク・イエーガー(後のグレイ・フォックス)”と恋に落ちる。 彼がアメリカに戻る際に自らも亡命を図るが、それは受け入れられなかった。 その後、フランクを追うために自らも諜報部員となる。

1999年の『ザンジバーランド騒乱』の際に 自身が護衛にあたっていた科学者”キオ・マルフ”と共にザンジバーランドの武装要塞に拉致されてしまう。 事件中に要塞へと潜入した米国のエージェント”ソリッド・スネーク”と出会い彼の任務に協力するが、 当時ザンジバーランドの傘下に入っていたグレイ・フォックスの操る『メタルギア改D』による攻撃を受け、命を落とす。 死に際、『残念だわ。またいい人にめぐり会えたのに』とスネークに対する想いを告白した。


ロフィール

名前 グスタヴァ・ヘフナー(Gustava Heffner)[]
性別 女性
身長 165cm(1999年/MG2)[]
所属組織 チェコ秘密警察(STB)
主な登場作品 METAL GEAR 2 SOLID SNAKE

注意:この頁は最新化作業が完了していません(2020-05-20 現在)。 不足している情報について、今後更新予定です。

考・脚注

名前について


彼女はもともと、オリジナルのMSX2版MG2においては ”ナターシャ・マルコヴァ(Natasha Marcova)”という名前で登場していたが、 復刻版MG2にて名前が変更されている。本頁でも設定変更として扱う。

顔のグラフィックについて


オリジナルのMSX2版MG2から彼女の顔グラフィックが登場しているが、 復刻版MG2において、PS1『METAL GEAR SOLID(1998年発売)』から開発に参加したイラストレーター”新川洋司”氏により キャラクターデザインが一新されている。

復刻版MG2本編では新川洋司氏のイラストをもとにしたドットグラフィックが使用されている (公式サイト(2020-05-20 現在)にも同様のグラフィックが掲載)。 また、PS3ソフト『METAL GEAR SOLID 4 DATABASE(2020年現在 配信終了)』の 『相関図モード』では本編とは異なる新川洋司氏のイラストが使用されている。 本頁掲載の顔のグラフィックはこれらを参考に作成。

身長の出典


MG2のユーザーズマニュアル(MSX2版同梱品)および 公式サイト(2020-05-20 現在)に記載。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
いてる人
しい記事