Javascriptに対応した環境でのみ閲覧が可能です。 ザ・フィアー - 人物事典 - メタルギアコンベンション
V has come to.
V has come to.
V has come to.
V has come to.
トップページ
Top Page
攻略情報▼
Hints and Chips
時系列/年表▼
Chronicle
人物事典
Characters
用語事典
Words
アイコン素材
Icons

・フィアー

最終更新日:2018-08-13
登場作品:MGS3

第二次世界大戦中にザ・ボスの率いた特殊部隊『コブラ部隊』の元隊員。 国籍は不明。”ザ・フィアー”のコードネームは『至純の恐怖』を意味する。 森などで隠密に行動し敵に奇襲をかける戦い方を得意とする。 水面を走る、後ろ向きで木を登りジャンプで木々の間を飛び回るなど、人間離れした身体能力を持っている。 黄色い瞳や長い舌は爬虫類を連想させるが、長い手脚と肘の”二重関節”による奇怪な動きから”蜘蛛兵士”の異名でも知られる。 攻撃には2種類の”ボウガン”を用いる。 1つは短距離用で威力は弱いがリロードの速い『リトルジョー』。 もう1つは長距離用でリロードは遅いが威力が大きい『ウィリアムテル』。 矢は毒矢、火矢、グレネードを仕込み爆発するものなど様々使い分ける。 毒矢には世界一の猛毒を持つ蜘蛛とされる”クロドクシボグモ”の毒が塗られている。 また、光学技術により身体を不可視化させるハイテク装備『ステルス迷彩』を使用することにより更に隠密性を高めている。

ちなみに、彼の使用するステルス迷彩は当時まだ試作段階であり、 以降の歴史で登場するものと異なり連続使用によって使用者の体力を著しく消耗させるデメリットを持つ。 詳しい原理は不明だが、 FOX部隊も隊員の装備として使用していた、 人体の細胞間の電位差を利用して発電する”生体電池”を電力源としているなどの理由があるのかもしれない。

1964年(MGS3)、 CIAが『バーチャスミッション』、『スネークイーター作戦』を決行すると コブラ部隊ザ・ボスのもとに再び集結。 ザ・フィアーはソ連へと単身潜入したエージェントであり ザ・ボスの最後の弟子であるネイキッド・スネークと一騎打ちの対決をするが、死闘の末敗れる。 最期は自身の身体に仕込んでいた爆弾により爆死を遂げた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
いてる人
しい記事