Javascriptに対応した環境でのみ閲覧が可能です。 メタルギアMk.Ⅱ/Mk.Ⅲ - 用語事典 - メタルギアコンベンション
V has come to.
V has come to.
V has come to.
V has come to.
トップページ
Top Page
攻略情報▼
Hints and Chips
時系列/年表▼
Chronicle
人物事典
Characters
用語事典
Words
アイコン素材
Icons

タルギアMk.Ⅱ/Mk.Ⅲ

最終更新日:2016-06-20
登場作品:MGS4

「メタルギアMk.Ⅱ(マーク・ツー)」は2014年にオタコンサニーによって 作られた小型の遠隔起動端末。 オールド・スネークの潜入をサポートするために作られたものであり、兵器ではないが、 二本足での自立制御にはメタルギアのコンセプトが流用され、 かつてメタルギアREXを開発したオタコンによって メタルギアの名が冠された。 Mk.Ⅱをインターフェースとしてオタコンは遠隔からスネークの周りの機械類と接続し、 操作やハッキングを行うことができる。

基本的に二本足で自立しているが、歩行するのではなくローラーにより滑って移動する。 それにも関わらず、バランス制御は非常に優れている。 また、兵器ではないが、機械と通信するためのインターフェースとして装備されているワイヤーから 電気を放出して敵を気絶させることはできる。

2014年にリキッド・オセロットの陰謀を阻止するべく スネークと行動を共にする中で、Mk.Ⅱは敵に破壊されてしまう。 そこで後継機として「メタルギアMk.Ⅲ(マーク・スリー)」が作られた。 その性能はMk.Ⅱとほとんど変わらないが、本体の色が青から赤に変更された。

ちなみにメタルギアMk.Ⅱは、小島秀夫監督が手がけたゲーム『SNATCHER(スナッチャー)』にメタルギアのパロディとして 登場した端末である。つまりMGS4におけるメタルギアMk.Ⅱはパロディのパロディということになる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
いてる人
しい記事