Javascriptに対応した環境でのみ閲覧が可能です。 JETSTREAM(DLC) - 作品紹介 - メタルギアコンベンション
アイコン素材
icon
アイコン素材
icon
トップページ
Top Page
作品一覧
Line Up
分類・繋がり
Sequence
時系列・年表
Chronicle
人物事典
Characters
用語事典
Words
攻略情報
Guide

JETSTREAM(DLC)

最終更新日:2021-03-11

JETSTREAM(ジェットストリーム)は、2013年にコナミから発売されたPlayStation 3用ゲームソフト 『METAL GEAR RISING REVENGEANCE(以下、MGR)』の”DLC(ダウンロードコンテンツ)”。 MGR本編に登場した敵キャラクター”サムエル・ホドリゲス”を 主人公(プレイヤーキャラクター)としたサブストーリーをプレイできるゲームモードとなっている。 MGR本編に至るまでのサムエルの過去が描かれる。 基本的なゲーム性はMGR本編と同じだが、 操作アクションがサムエルのキャラクター性を反映した独自のものに置き換わっている。

解説の都合上、MGR本編のネタバレを含むため注意。


スポンサーリンク

2013年にPlayStation 3専用として発売されたゲームソフト『METAL GEAR RISING REVENGEANCE(以下、MGR)』の DLC(ダウンロードコンテンツ)。MGRと同年の4月9日に発売した[]MGR本編に登場した敵キャラクター”ジェットストリーム・サム”こと ”サムエル・ホドリゲス”を主人公(プレイヤーキャラクター)としたサブストーリーをプレイすることができる。 本編と異なり『無線』、『カスタマイズ』は使用できない。

高周波ブレードを操る基本的なアクション性はMGR本編と変わらないが、 納刀状態から強力な斬撃を繰り出す『抜刀術(バットウジュツ)』、 敵を挑発して冷静さを失わせる『挑発』など、サムエルのキャラクター性を反映した独自アクションが追加されている。 通常のジャンプより高く跳ぶことのできる『ハイジャンプ』も使用可能。 また『ダッシュ』、『ミカワシ(回避)』については MGR本編における『ニンジャラン』と異なりオートメーション(自動)な部分が少なく プレイヤー自身のテクニックに依る部分が大きくなっているため、難易度が高くなっている。 『ニンジャキル』も本DLCでは使えなくなっている。

また、本編にもあった”VRミッション”が本ゲームモードにも収録されている。 ただし本編と異なり、ゲームステージ内の『データ端末』にアクセスした時のみプレイが可能となっており、 その成績もストーリー自体のリザルトに反映される。 端末=VRミッションは全部で5種類用意されている。

なお、本DLCの単体販売は2021年現在も行われているが、 MGRの『スペシャルエディション』を購入すれば はじめから全DLCのダウンロードコードが付属しているため、すでに単体で購入するメリットはない。

トーリー

METAL GEAR RISING REVENGEANCE』の本編に至るまでの、 ”ジェットストリーム・サム”こと、”サムエル・ホドリゲス”の過去が描かれる。

かつてサムエルは組織に所属することなく、自らの決めた掟のもとに 世界中の無法者を斬り捨てる浪人者として暗躍しており、 中南米の裏社会において”アンデスの冷たい南風”を意味する”ミヌアーノ”の異名で恐れられていた。 やがてサムエルは米国・コロラド州デンバーへと到着する。 彼が次の標的としたのは、 『SOP(ソップ)』崩壊後の世界で業界最大手とされる PMC(民間軍事請負企業)”ワールド・マーシャル”社であった。

場人物

  1. サムエル・ホドリゲス(Samuel Rodrigues)
    本作の主人公(プレイヤーキャラクター)。 ”高周波ムラマサブレード”を使いこなし、浪人者として世界中の無法者を斬って回る凄腕の剣客。 ”アンデスの冷たい南風”を意味する”ミヌアーノ”、 または”ジェットストリーム・サム”の異名で知られる。 たった一人でブラジルの麻薬カルテルを壊滅寸前まで追い込んだ経歴を持つ。
  2. モンスーン(Monsoon)
    PMC”デスペラード・エンフォースメント・LLC”に所属し、 アームストロングの配下で活動するサイボーグ。 ”破滅を呼ぶ風(ウィンズ・オブ・デストラクション)”の一人で、 そのコードネームは、東南アジアに雨をもたらす季節風を意味する。 磁力を自在に操る特殊なボディを持つ。
  3. スティーヴン・アームストロング(Steven Armstrong)
    米国コロラド州の上院議員で、次期大統領候補の一人。 『SOP(ソップ)』崩壊後に業界最大手となったPMC”ワールド・マーシャル”社と癒着している。 デスペラード社もワールド・マーシャルを後ろ盾に活動しており、 実質的にアームストロングの配下にある。

考・脚注

発売日の出典


MGR公式サイトより(2021-02-26現在)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
いてる人
しい記事