Javascriptに対応した環境でのみ閲覧が可能です。 サイトを常時SSL(https)化+その他諸々更新しました - メタルギアコンベンション
V has come to.
V has come to.
V has come to.
V has come to.
トップページ
Top Page
攻略情報▼
Hints and Chips
時系列/年表▼
Chronicle
人物事典
Characters
用語事典
Words
アイコン素材
Icons

イトを常時SSL(https)化+その他諸々更新しました

投稿日:2017-10-22

突然ですが、当サイトの全ページをSSL化しました。 URLを見ると先頭のところ(スキームと呼ばれる部分)が『https』となってると思います。 通常のHTTP通信だとパケットがそのままやり取りされるところが、SSLだと暗号化されて通信されるようになるんですね~。 昔はショッピングサイトの決済ページなどでのみ使用されていましたが、 近年はGoogleが常時SSL化を推奨するようになったことなどもあり、WEBサイトの常時SSLが一般化しつつあるようです (僕もそんなに詳しくはないのですが)。

実は本日の更新に伴ってサイトの独自アカウントを廃止してしまいました(保守も大変だしコンテンツも全然作れていなかったので…)。 こうなるとSSL化でセキュリティを強化するメリットがあまりないように感じますが…、 Googleが常時SSL推奨に伴って検索エンジンでの優先化なども行っていくようなので、流行に乗ってやってしまいました(だいぶ遅いですが)。 僕が借りている『XREA』というレンタルサーバが無料SSLサービスを開始していたのでそれを使用しています。 SSLを実装するには認証局と呼ばれる団体が発行する、WEBサイトの安全性を保証する『証明書』というものが必要なのですが、 XREAでは 『Let’s Encrypt』という認証局の証明書を利用できます。 Let’s Encryptは非営利団体が運営するプロジェクトで、 無料のSSL証明書を発行してくださっているありがたい団体さんなのですが、 使用するには様々な手続きが必要なところをXREAが代行してくれているんですね。 サイト上でクリック操作するだけで無料SSLが適用できちゃいました(ラクチン)。 ですがそれだけではダメで、サイトに貼ってある内部リンク、外部リンクをすべてSSL表記にしなくてはいけないため作業に長時間かかってしまいました。

話は戻ってアカウントの話なのですが、Twitterアカウントを使ったコメント機能だけは残しました。 それに伴って書き込み時にエラーメッセージが表示されていた不具合を修正しました。 それとメールフォームも使用できなくなっていたので直しました笑。 XREAのサーバでPHP(サイトを動かすのに使っているプログラミング言語)のバージョンが上がっていたのが原因かと思います…(たぶん)。 システムの更新が久しぶりすぎて、PHPなんて数年ぶりに書いたのですごい疲れました…。 今後も使う予定のある言語なのでたまに復習しないと。 他にもなにか不具合を見つけましたらメールフォームやコメントで教えていただけるとありがたいです。

コンテンツの更新についてですが、年表や辞書なんかを気が向いた時に少しずつ更新してます。 大きめの更新をした時は僕のTwitterでつぶやいているのでたまに覗いてみてください。

おわり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
いてる人
しい記事