Javascriptに対応した環境でのみ閲覧が可能です。 コトブキヤ メタルギアソリッド美少女 スナイパーウルフ レビュー - メタルギアコンベンション
V has come to.
V has come to.
V has come to.
V has come to.
トップページ
Top Page
攻略情報▼
Hints and Chips
ストーリー年表
Chronicle
人物事典
Characters
用語事典
Words
アイコン素材
Icons

トブキヤ メタルギアソリッド美少女 スナイパーウルフ レビュー

投稿日:2018-01-10

コトブキヤさんから2016年の5月に発売したフィギュア『メタルギアソリッド美少女 スナイパー・ウルフ』の紹介になります。 メタルギアの数少ない美少女フィギュアになります! 唯一のと書かないのはその昔(MGS4発売当時)『スウィートスネーク』なるものが発売していたからです。 なんと新川洋司さんがデザインしたスネークたちの女体化フィギュアです笑。 以下に参考URLを載せておきます(SSL非対応ページのためリンクできません。悪しからず)。

http://www.konami.jp/products/snake_figumate/

話は戻って今回紹介するスナイパー・ウルフですが、 山下しゅんやさんという有名イラストレーターによるイラストを元に造形されています。 定価は税抜きで7800円でした。

写真はクリックで拡大できます。

山下さんの描くキャラクターには一目見るだけで誰の絵か分かる強い特徴があり(特に眼と唇)、 コトブキヤさんが展開する山下さんデザインの『美少女スタチュー(BISHOUJO)』シリーズは 『山下さんが描くところの◯◯◯のフィギュア』という少し二次創作的な側面があるようですね。 その造形も山下さんが描くセクシーな顔が見事に再現されていてとても人気を博しているようです。

ゲーム本編と同じく胸元がかなりはだけたセクシーな服装です。 顔はゲームに比べると幼い印象を受けます。まぁメタルギアソリッド”美少女”ですからね笑。 今改めて考えるとグリーンの髪の毛で碧眼、スタイル抜群の美人狙撃手なんて、 ものすごいアニメチックというか、燃える要素満載のキャラクターですよね笑。 リアリティで固められた世界観の中に放り込まれたこんなキャラ達がバトルを繰り広げるからメタルギアは熱いんですよね~。 MGS1で現役FOXHOUND隊員の説明を受けたソリッド・スネークが『これじゃまるでコミックじゃないか』と突っ込んでいましたが笑。 そう言うスネークも1人で戦車を倒しちゃうんですけどね…。

ボディラインがかなり強調されてます。服のシワがリアルでいい感じですね~。 FOXHOUNFのワッペンもちゃんと再現されています。

服と身体の間もきちんと造形されています! ノーブラおっぱいがエロいです笑。 前髪で隠れた右目もしっかりプリントされています。

髪の毛は半透明の素材の上から塗装をしているようでとても綺麗です。

木箱からは、スナイパー・ウルフの代名詞、狼犬(ウルフドッグ)が顔を出しています。 多分まだ子供のウルフドッグですかね。とても可愛らしく造形されています。

木箱とフィギュアの接地面は特に固定されておらず乗せるだけになっています。 本来は座ったとき身体のほうが潰れるはずですが、木箱側にくぼみが設けられています。 これによってお尻と脚のプロポーションが綺麗に造形されています。

弾薬ケースと狙撃銃も一切固定されておらず完全に単体で造形されています。 弾薬ケースにはフィギュアの左足を乗せる感じになりますが、実際に少し体重がかかるようなバランスになっています。 狙撃銃は本編同様ウルフの愛銃『PSG-1』ですね。こちらもかなり精巧に造形されています。

ブーツはヒモが軟質素材で作られていてとてもリアルです。 特に左足のヒモがほどけた状態の表現はよく出来ていますね! ただ扱いに注意しないと取れてしまいそうですね。

外箱はこんな感じになってます。山下しゅんやさんによる元イラストが掲載されています。 写真では分かりづらいですが窓から覗く箱の内側は迷彩柄になっています。

山下さんのイラストだと顔がもう少し大人っぽいというか、力強い表情をしていますね。 フィギュアも悪くないのですが、個人的にはもっとこのイラストに近い顔のほうがウルフらしくて良かったかなとも思います。

最後に、テロリストのリーダー”リキッド・スネーク”とツーショット。 ちょっとリキッドのほうが目立っちゃってますけど笑。 総評としては、全体的に造形も塗装も丁寧で個人的にとても気に入っているフィギュアです。 なによりウルフの美少女フィギュア化に踏み切ったことを賞賛したいです笑。 『こんなのウルフのコスプレをした女の子のフィギュアだ!』っていう意見もあるみたいですが、 上にも書いたように二次創作的な側面に関して僕は寛容な方です。 実際、人気イラストレーターによる同人活動で元のコンテンツ自体を盛り上げている例も多々ありますし。

ちなみに今回から『グラデーションペーパー』というものを背景にして撮影しています。 レフ板を使って影を消すなどといったことは面倒でやっていませんが、素人撮影でも少しは雰囲気が出たんじゃないかと…。 ちなみに撮影はすべてiPhoneです。素人の簡単な撮影ならデジカメがいらないくらいスマホのカメラも性能が上がってますよね~。

スポンサーリンク
の記事へのコメント(0)
Twitterを連動させるとコメントを書き込むことができます。
Twitterアカウントでログイン

このページにコメントはありません。

スポンサーリンク

いてる人

しい記事