Javascriptに対応した環境でのみ閲覧が可能です。 クラーク - メタルギア登場人物データベース - メタルギアコンベンション
アイコン素材
icon
アイコン素材
icon
トップページ
Top Page
新作情報▼
New Metal Gears
攻略情報▼
Hints and Chips
ストーリー年表
Timeline
登場人物
Characters
用語辞典
Words
ログイン
Login

ラーク

最終更新日:2016-05-21
登場作品:MGS3

アメリカ出身の女性科学者で、生体工学、遺伝子工学の専門家。医師として活躍した経歴も持つ。フルネームは不明。 バイオ技術開発企業『ATGC』の中心人物として 人間の遺伝子に纏わる軍事技術を飛躍的に進歩させた功績を持つ。 1970年代には『恐るべき子供達』と呼ばれる計画を推進し 20世紀最強の兵士ビッグボスのクローンベイビーを誕生させている。 かつてCIAの特殊部隊FOXの一員として活躍していた時代には ”パラメディック”のコードネームで知られていた(パラメディックとは彼女が考案した、パラシュートで駆けつける衛生兵のこと)。 映画が好きで、任務中にも気分転換として映画の話をすることが多かった。 そのジャンルは主に特撮やSFに偏っている。また日本が好きで、日本文化にも詳しい。 『サイファー』(後の愛国者達)の創設メンバーの一人である。 生年月日は1936年6月22日。 サイファーの庇護を受けATGCで活動するようになってからは その名前だけが学会に知れ渡り、出身、年齢、性別に至るまでが極秘とされた。

クラークはサイファーのために遺伝子技術の研究を続け、 ソルジャー遺伝子の発見や、クローン技術、サイボーグ技術の確立を成し遂げる。 しかしその研究は人間の生命を弄び、多くの兵士たちを悲惨な運命へと導くことになった。 ビッグボスと出会った頃のクラークは他人への思いやりを持った優しい女性であった。 ゼロビッグボスの抗争に関わるようになってからの彼女の心境の変化は計り知れないが、 少なくともクラークは自らの意欲で研究に没頭していた。 そんな彼女はやがて、自らの罪に対する対価として残酷な運命を辿ることになるのだった。

■1936

■196X

■1964

■19XX

■1970

■1972

■197X

■1976

■199X

■199X

■200X

■2003

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新の記事

スポンサーリンク