Javascriptに対応した環境でのみ閲覧が可能です。 ドナルド・アンダーソン - メタルギア登場人物データベース - メタルギアコンベンション
アイコン素材
icon
アイコン素材
icon
トップページ
Top Page
新作情報▼
New Metal Gears
攻略情報▼
Hints and Chips
ストーリー年表
Timeline
登場人物
Characters
用語辞典
Words
ログイン
Login

ナルド・アンダーソン

最終更新日:2016-05-21
登場作品:MGSMGS3

アメリカ出身の優秀な科学者で、軍事に纏わる最先端技術の専門家。 特に通信傍受・暗号解読などといった電子情報を用いた諜報活動に関する技術に精通していた。 そのためかつてCIAの特殊部隊FOXの一員として活躍していた時代には ”シグナルインテリジェンス(電子諜報)”の略として”シギント”のコードネームを持っていた。 その他、軍事に関する武器・装備品に関する知識・技術にも富んでいる。 カスタム銃や双眼鏡を開発する際にはデザイン、カッコよさに一番時間と労力を使うなど少々変わり者な一面もあるが、 基本的に気さくで付き合いやすい性格をしている。 やがて彼は米・国防省付属機関先進研究局(DARPA)の局長に就任している。 『サイファー』(後の愛国者達)の創設メンバーの一人である。 生年月日は1939年11月11日。

彼は若い頃、とても有能であるのに黒人という理由だけでどこの組織にも受け入れられなかったが、 人種の違いなどを全く意識しないCIAのゼロに部下として迎え入れられたという過去を持っている。 そのおかげで彼は最新の科学研究環境でその才能を活かすことができた。 それ故に彼はゼロに対してとても大きな恩義を感じており、 やがてゼロが20世紀最強の兵士ビッグボスと敵対したあとも、生涯ゼロ側の人間だった。 彼はゼロのために身を投じた戦いの果てに、やがて戦場で生命を落とすことになる。 アンダーソンはかつてビッグボスとも友好な関係を築いていたはずだが、 彼らの抗争に深く関わる中でどんな葛藤や迷いがあったのか、その心境はもはや知ることができない。

■1939

■196X

■1964

■1965

■1970

■1972

■197X

■1977

■197X

■200X

■2005

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新の記事

スポンサーリンク