Javascriptに対応した環境でのみ閲覧が可能です。 ザ・ソロー - メタルギア登場人物データベース - メタルギアコンベンション
アイコン素材
icon
アイコン素材
icon
トップページ
Top Page
新作情報▼
New Metal Gears
攻略情報▼
Hints and Chips
ストーリー年表
Timeline
登場人物
Characters
用語辞典
Words
ログイン
Login

・ソロー

最終更新日:2017-04-30
登場作品:MGS3MGS4

ソ連出身の軍人で、第二次世界大戦中に特殊部隊コブラ部隊のメンバーとして活躍し、連合国軍を勝利へと導いた英雄。 部隊ではリーダーのザ・ボスにとってパートナーのような存在であった。 彼は霊能力者であり、死者と交流することが可能。死亡した兵士から戦況などの情報を入手していたと言われている。 工作員として非常に高いスキルを有しており、大戦終結後の冷戦時代においてもソ連の工作員として米国との情報戦で大きな功績を残している。 コブラ部隊隊員時のコードネームである”ザ・ソロー”は『深遠なる悲哀』を意味する。本名は不明。

彼はコブラ部隊のメンバーとなった後リーダーのザ・ボスと恋仲になっており、 1944年に彼女との間に息子アダムスカ(後のオセロット)を授かっている。 しかし英雄的存在である2人の息子であることから、当時三大国の実権を握っていた組織賢者達によって息子は誘拐されてしまう。 その後二度と息子と再会することはできなかった。

大戦が集結し三大国の賢者達が分裂を始めると、 ザ・ソローはソ連政府の賢者達残党員の配下でエージェントとして米国との宇宙開発競争に尽力することになる。 しかしその中で互いの素性について教えられることなく情報戦を繰り広げた米国側のエージェントは かつて愛した女性ザ・ボスであった。 やがて彼は米ソ両国の賢者達の策略により、戦場で自らを殺す任務を負ったザ・ボスと再会することになった。 真実を知ったザ・ボスは当然任務の遂行を拒絶したが、 息子を賢者達に人質に取られている以上、どちらかが死ななければならなかった。 ザ・ソローはザ・ボスと息子のために快く死を受け入れ、彼女に銃口を引くよう促すのだった。 これは1962年、ソ連領内ツェリノヤルスクでの出来事であった。

死亡したザ・ソローの遺志はその特異な体質故か残留思念のように生き残っており、 1964年に米国がバーチャスミッションスネークイーター作戦を敢行した際、 ソ連へと単身潜入したCIAのエージェントでありザ・ボスの最後の弟子であるネイキッド・スネークの前に度々姿を現した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新の記事

スポンサーリンク